【ポケモン ソード&シールド】マルヤクデの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「マルヤクデの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ

【ポケモン ソード&シールド】輝石サニーゴの育成論(種族値・努力値・技構成など)

マルヤクデの特徴

タイプほのお・むし
種族値HP100/攻撃115/防御65/特攻90/特防90/素早さ65
特性【もらいび】
ほのおタイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分のほのおタイプの技の威力が1.5倍になる。
【しろいけむり】
相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。野生のポケモンと出会いにくくなる。
【ほのおのからだ(夢特性)】
直接攻撃を受けると、30%の確率で相手を『やけど』状態にする。てもちにいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。
弱点「2倍」みず、ひこう、いわ
耐性「0.5倍」むし、エスパー、こおり、かくとう、はがね
「0.25倍」くさ
おすすめの性格いじっぱり(攻撃↑特攻↓)orさみしがりや(攻撃↑防御↓)
おすすめの努力値振りHP252、攻撃252、特防6
進化条件ヤクデをLv28以上でレベルアップする

マルヤクデは、ウルガモス以来の「ほのお・むし」タイプのポケモンです。

いわが4倍弱点ではありますが、耐性を6つも持つのは優秀ですね。

素早さがあまり無いことと、耐性が多いことを考えると、HPを上げていくのは無難な選択です。

攻撃性能は、攻撃がかなり高いものの、特殊も高めなので両刀での採用も全然あり。

キョダイマックスできるポケモンでもありますし、ランク戦でキョダイマックスが解禁されたら出番は増えそうです。

 

 

マルヤクデの育成論

特性【もらいび】
ほのおタイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分のほのおタイプの技の威力が1.5倍になる。
弱点「2倍」みず、ひこう、いわ
耐性「0.5倍」むし、エスパー、こおり、かくとう、はがね
「0.25倍」くさ
性格さみしがりや(攻撃↑防御↓)
努力値振りHP252、攻撃252、特防6
道具オボンのみ
技構成とぐろをまく、きゅうけつ、パワーウィップ、もえつきる

今回のマルヤクデは、さみしがりや採用の両刀型にしています。

というのも、「もえつきる(炎威力130特殊)」を採用したかったからですね。

攻撃の方が高い数値を持つマルヤクデですが、「もえつきる」はそれでも十分な火力を出すことが可能です。

そして、物理受けの「ナットレイ、アーマーガア」などに刺さるため、かなり有効な技となっています。

使った後は「ほのおタイプが消えて、もえつきるが使えなくなる」のですが、ダイマックスすれば復活できますね。

ダイマックス後は「晴れ」状態となり、より「もえつきる」の威力も上昇させられます。

「もえつきる」の効果を利用して、弱点を減らすというのも使える戦法です。

後は隙あらば「とぐろをまく」で攻撃防御命中を上げ、苦手な物理攻撃への対処もできるように。

「きゅうけつ」でHPの回復もできますし、「パワーウィップ」は苦手な「ドサイドン」などへの対抗策になりますね。

使っている人は少ないポケモンですが、意外と強いので使ってみて下さい。

【ポケモン ソード&シールド】ガラルギャロップの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

マルヤクデは種族値や見た目的に敬遠されがちですが、使ってみると案外頼もしいポケモンと言えます。

個人的にキョダイマックスの姿が好きなので、早くランク戦で使ってみたいところです!