【ポケモン ソード&シールド】ドラパルトの育成論(種族値・努力値・技構成など)まとめ!

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ドラパルトの育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

ドラパルトは対戦で最も使われているポケモンで、最優先で育成すべきと言われています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】初心者必見!対戦に必須の三値(種族値・努力値・個体値)を徹底解説

ドラパルトの特徴

タイプドラゴン・ゴースト
種族値HP88/攻撃120/防御75/特攻100/特防75/素早さ142
特性【クリアボディ】
相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。
【すりぬけ】
相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。
【のろわれボディ(夢特性)】
相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。
弱点『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり
耐性『0.5倍』ほのお、むし、どく、でんき、くさ、みず
『効果なし』かくとう、ノーマル
おすすめの性格ようき(素早さ↑、特攻↓)、せっかち(素早さ↑防御↓)、むじゃき(素早さ↑特防↓)
努力値振り攻撃252、素早さ252、残りはHP
進化条件ドラメシヤ→ドロンチ(Lv50)→ドラパルト(Lv60)

ドラパルトは攻撃と特攻が高く、素早さ種族値が破格の142というポケモンです。

伝説以外では初の「ドラゴン・ゴースト」タイプの組み合わせで、かくとうとノーマルを透かせるのも魅力です。

ドラパルトは、最も高い攻撃を活かしてようきの最速物理アタッカーにする。

もしくは、特攻も高いことも活かして、「せっかちorむじゃき」の最速両刀アタッカーにするかの2択になるでしょう。

たまに「突撃チョッキ型」にも遭遇しますが、使いやすさで言えば上記の2択と言えます。

ただ、補助用の技も多く覚えられるため、様々な型が作りやすいですね。

それでは、自分が作成したドラパルトを紹介します。

 

 

両刀最速ドラパルトの育成論

特性【すりぬけ】
相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。
弱点『2倍』ゴースト、フェアリー、あく、ドラゴン、こおり
耐性『0.5倍』ほのお、むし、どく、でんき、くさ、みず
『効果なし』かくとう、ノーマル
性格せっかち(素早さ↑防御↓)
努力値振り攻撃252、素早さ252、残りはHP
道具きあいのタスキorいのちのたま
技構成ドラゴンアロー、シャドウダイブ、とんぼがえり、だいもんじ

物理型も使ってみましたが、こちらの方が多くのポケモンに対応しやすかったです。

特性は「すりぬけ」一択で、これで対応できる幅が広がります。

個体値は防御系以外のVを目指しましょう。

ドラゴンアローは、威力50の物理ドラゴン技だが、2回攻撃により「きあいのタスキ」や「ハバンのみ」を貫通しやすいので便利です。

実質威力100のドラゴン技なので、十分な火力も出せます。

シャドウダイブは、攻撃ターンは何もできないのですが、これがダイマックスを枯らすのに非常に有効です。

威力90の物理ゴースト技なので、十分な火力も出ますね。

単純に弱点を突くために使ってしまうと、交代されて対策されやすいので注意。

とんぼがえりは、ドラゴン技対策で出してくる「フェアリー」や「はがね」などに使います。

だいもんじは、ドラゴン技を半減する「はがね」に有効な技です。

両刀にすることで、より多くのポケモンに打点を持てます。

最後に、どれだけ速くても「ふいうち」で狩られやすいので、「きあいのタスキ」は優先度が高いです。

わざレコード「だいもんじ」の入手方法

わざレコード「だいもんじ」は、ワットショップで購入することが可能です。

ただし、日によってラインナップは違います。

ダイマックスレイドの報酬で狙う場合は、ナックル丘陵の階段から正面にある巣穴で「☆4」以上の炎ポケモンを倒しましょう。

【ポケモン ソード&シールド】モスノウの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

ドラパルトは、今作で最も対戦で使われることになるであろうポケモンです。

「いくらなんでも速すぎる!」ってくらいの素早さ種族値に、高い攻撃能力はバケモノです(^-^;

今後はいろんな対策がされると思いますので、物理型や変化技採用型も検討して見ましょう。