【ポケモン ソード&シールド】ガラルギャロップの育成論(種族値・努力値・技構成など)

今回は、ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)の「ギャロップ(ガラルのすがた)の育成論(種族値・努力値・技構成など)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

【ポケモン ソード&シールド】輝石サニーゴの育成論(種族値・努力値・技構成など)

ギャロップ(ガラルのすがた)の特徴

タイプエスパー・フェアリー
種族値HP65/攻撃100/防御70/特攻80/特防80/素早さ105
特性【にげあし】
野生のポケモンとの戦闘の場合、必ず逃げられる。
【パステルベール】
自分と味方は、『どく』『もうどく』状態にならない。
【きけんよち(夢特性)】
戦闘に出てきた時、相手が『こうかはばつぐん』や一撃必殺になる技を持っているかどうか分かる。
弱点「2倍」はがね、ゴースト、どく
耐性「0.5倍」エスパー
「0.25倍」かくとう
「効果なし」ドラゴン
おすすめの性格ようき
おすすめ努力値振り攻撃252、素早さ252、HP6
進化条件Lv40でポニータ(ガラルのすがた)から進化。

ギャロップ(ガラルの姿)は、シールド限定で入手できるポケモンです。

本家ギャロップとは全くタイプが違い、狩り範囲や受け範囲もかなり異なります。

ただ、種族値は全く同じなので、どういう相手を抜けるのかとかは想定しやすいですね。

基本的には最速特殊型でアタッカーとして活躍できそうですが、変化技も「いやしのねがい」など有効な技を覚えます。

そんな中で自分が採用したのは、「ギャロップと言ったらコレ」って感じの型です(笑)

 

 

ギャロップ(ガラルのすがた)の育成論

特性【パステルベール】
自分と味方は、『どく』『もうどく』状態にならない。
弱点「2倍」はがね/ゴースト/どく
耐性「0.5倍」エスパー
「0.25倍」かくとう
「効果なし」ドラゴン
性格ようき
努力値振り攻撃252、素早さ252、HP6
道具こうかくレンズ
技構成つのドリル、さいみんじゅつ、じゃれつく、しねんのずつき
※つのドリルはサイホーン(Lv60)、さいみんじゅつはムンナから遺伝させています。

ギャロップで昔から使われている型と言えば、「催眠ドリル」ですよね!

安定する型ではありませんが、大半のポケモンを突破できる可能性もあるロマンがあります。

技の命中率を1.1倍にする「こうかくレンズ」で、命中率66%の「さいみんじゅつ」を当てる。

エスパー、フェアリーに耐性を持つポケモンには、ねむり状態の相手に「つのドリル」を連発します。

「当たったらラッキーだな」程度の期待値で使いましょう。

普通にエスパーとフェアリー技を使っていっても、そこそこな火力は出ますけどね。

純粋なアタッカーにしたいのであれば、ようきで「こだわりはちまき」を持たせ、メガホーンなどの技を入れると良いでしょう。

ただ、種族値的に突き抜けたものがないので、ギャンブル要素を採用した方が面白い働きが出来るかなと。

【ポケモン ソード&シールド】ジュラルドンの育成論(種族値・努力値・技構成など)

まとめ

催眠ドリルギャロップは昔からロマンがあるので、どの作品でも一度は使ってみたくなります!

一撃必殺技ってあるだけでも怖いですし、相手にとっては面倒な相手になると思うんですよね。

安定性のない型ではありますので、採用するかどうかはお好みでどうぞ(笑)