【ペルソナQ2】第3シアターボス『マザーコンピューター』戦い方・弱点・パーティ編成など!

今回は、ペルソナQ2の第3シアターボス「マザーコンピューターの攻略法(戦い方・弱点・パーティ編成)」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

事前準備

マザーコンピューターは、「疾風、氷結、念道、電撃」の属性が必須となります。
パーティを変えない場合は、サブペルソナにそれらの属性を覚えさせて下さい。

雷撃はPS4主人公が多く習得するので、最もおすすめなキャラと言えますね。

後は「HP・SP」の無駄使いは極力減らし、持久戦に備えて回復アイテムを買い込んでおきましょう。

 


 

ボス「マザーコンピューター(推奨Lv50~)」

マザーコンピューターは、一定ターンごとに「自動回復」でHPを3000回復します。
これの繰り返しになるので、HPを半分以下にすることもできません。

イベント発生後に、ナビの指示した弱点属性で攻撃することで、ハッキングで自動回復を無効化することが出来ます。

その後、ダメージがかなり通りやすくなりますが、再び「自動回復」でHPを満タンにします(^-^;

先ほどよりもハッキング対策をしているため、ハッキング率が100%になるまで、何度もナビの指示通りに弱点属性で攻撃する必要があります。

弱点属性の指示は「疾風or念道or氷結or電撃」のどれかが毎ターン選ばれ、弱点属性で攻撃する度に10%ずつハッキング率が増えます。
敵の攻撃がなかなか重いので、弱点属性で攻撃する担当と、アイテムやスキルで回復する担当を決めておいてください。

ハッキング率が100%になったら、ひたすら攻撃を加えていきましょう。

瀕死状態まで削るとイベント発生し、その後に攻撃することで止めを刺せます。

まとめ

今までのボスと比較しても、圧倒的に面倒くさい相手でした(^-^;

最後にはHPもSPもアイテムもギリギリでしたし、出し惜しみはしない方が良いですね!

次のフロアのボスは、シンプルに強い感じのボスをお願いしたいです(笑)

【ペルソナQ2】取り返しのつかない4つの要素まとめ