【ドラガリ】攻撃タイプにおすすめの竜輝の護符ランキング【ドラガリアロスト】

この記事では、攻撃タイプにおすすめの竜輝の護符ランキングを紹介したいと思います。

それではご覧くださいませ。

おすすめ度★★★

★5 ブレイジングクラウン

スキルダメージが上昇

ブレイジングクラウンはスキルダメージを無条件で20%上昇させることができます。
さらに防御バフを付与させれば、攻撃力が上昇するで、一度で二度おいしい効果が得られるようになります。

パーティ編成の際には、防御バフを付与できるキャラを編成するようにしましょう。

★5 ゴージャス・パーティ

遠距離キャラと相性がいい

ゴージャス・パーティはHPが満タンの時に攻撃力が10%アップします。
ダメージを受ける可能性が低い、遠距離キャラと相性がいいと言えます。

クリティカルダメージを上昇させることができ、効果が重複するので大ダメージが与えやすいといえるでしょう。

★5 ハロウィン・ウィッチ・クラフト

バランスのよい強化効果を付与

ハロウィン・ウィッチ・クラフトはHPが満タンの時にスキルダメージが30%アップします。
遠距離キャラと相性が良く、リリィなどの評価の高いキャラと相性がいいです。

また暗闇になる確率を防ぐことができ、防御面でもサポート効果があるといえるでしょう。

★5 リュカのいたずら

スキルダメージの強化

リュカのいたずらは無条件でスキルダメージを20%上昇させることができます。
光耐性を5%上げることもでき、闇属性の敵に対し有利に戦闘を進めることもできるといるでしょう。

★4 百刃繚乱

スキルとクリティカルダメージに効果あり

百刃繚乱はスキルダメージを10%、クリティカルダメージを10%それぞれ上昇させることができます。
どちらも無条件で付与される効果となっており、近距離でも遠距離でも使いやすい護符となっています。

★4の護符で一番優秀といえるでしょう。

スポンサードリンク

おすすめ度★★

★5 ハンティングナイト

バーストダメージが上昇

ハンティングナイトはバーストダメージを30%上昇することができ、攻撃タイプの攻撃力を大幅に上昇させることができます。
また、凍結耐性を20%上昇させることもできるので水のクエストなどでも役立つといえるでしょう。

★5 鬼教官のエール

ピンチに強い強化効果

鬼教官のエールはHPを30%以下になると攻撃力が30%上昇します。
ただ15秒となっており、ピンチだけに発動する効果と言えます。

また無条件でスキルダメージを15%上昇させることも可能となっています。

★4 デンジャラス・ビューティ

ダメージアップの幅が広い

デンジャラス・ビューティはバーストダメージを20%上昇クリティカルダメージを8%上昇させることができます。
重複する効果も含まれているため、火力上昇の幅が広いといえるでしょう。

★4 セクシースナイパー

ブレイク中に高ダメージが狙える

セクシースナイパーはブレイク中の敵に対し、15%上昇したダメージを与えることができます。
ブレイク特攻キャラに持たせることで、一気にバトルを終わらせることもできるといえるでしょう。

開幕でスキルゲージが+10%となるので、スキルも撃ちやすいといえるでしょう。

おすすめ度★

★5 クリスタリアの少女

 

アビリティで攻撃力を10%上昇

クリスタリアの少女はHPを70%以上に保つことで、攻撃力を10%上昇させることができます。
条件は簡単ですが、回復させることも意識する必要はあります。

火属性ダメージを8%カットできるので、火属性クエストでは重宝するでしょう。

★4 戦場のふたり

攻撃力を15%上昇できる

戦場のふたりはバーストアタックにより敵を3体倒すたびに、3%攻撃力が上昇し最大で15%上昇します。
効果は大きいですが、発動条件が厳しくなっています。

無条件でスキルダメージを10%アップできるので、それを目的としてもいいでしょう。

★4 在りし日の幸せ

スキルを大幅に強化できる

在りし日の幸せはHPが満タンの時にスキルダメージが25%上昇します。

スキルゲージの上昇率も+3%となるので、効率よく攻撃することが可能といえるでしょう。

★4 この身は影となりて

ブレイク中に大ダメージを狙える

この身は影となりてはブレイク中の敵に対し、ダメージが10%アップします。

クリティカルダメージも+4%となるので、攻撃強化の護符と言えます。

まとめ

護符は様々な効果を狙える装備となっています。

ここではアタッカー向きの護符を紹介させて頂きましたが、補助に向いた護符、回復に向いた護符と様々です。

攻撃タイプ向きの護符でも、遠距離と近距離で違いますからね。

それぞれのキャラに向いた護符を装備させるようにしましょう。