【クローズドナイトメア】ネット上の評価・感想・レビューなど!『否定意見多数』

今回は、クローズドナイトメアのネット上の「評価・評判・感想・レビュー・口コミ」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

クローズドナイトメア

発売日 2018年7月19日
ジャンル シネマティックホラーアドべンチャー
対応機種 PS4/Nintendo Switch
対象年齢 17以上対象
価格 『PS4/Nintendo Switch』
パッケージ版:7538円(税込)
ダウンロード版:7538円(税込)
開発元 日本一ソフトウェア

本作は、とある実験が行われている閉鎖空間を舞台にしたホラーアドベンチャーです。

記憶を失った女性「神代真莉亜」として外部への脱出方法を探すことになります。

本作は「実写映像を使用した演出」が最大の見どころで、1人称視点のムービーで進行するので、主人公が見た光景がそのまま映っています。

キャラに関しても、実写という事で生々しく感じるでしょう。

特にグロテスクなシーンでは、目を覆いたくなるような光景が広がります(^-^;

脱出を図る為に行動をするものの、「仮面を身に着け血に染まった鉈を持った男」と直ぐに遭遇してしまいます。

男から逃れるように入った部屋で、バラバラの死体らしきものを見つけたりと。

どこに行っても恐怖ばかりで、気が休まる時間は少しもないでしょう。

 

この夏、最初にやるホラーゲームとして相応しい恐怖が待っているかも知れません。

ただし、こういったゲームは評価が分かれやすいので、どちらの意見も参考にして見て下さい!

 

スポンサードリンク

 

名作だと思った方の評価・感想など

  • ホラーゲームより邦画のB級ホラー好きにおすすめ
  • 実写ホラーゲームは芯からゾクゾクする恐怖がある
  • 定期的にある役者の演技サウンドが盛り上げてくれる
  • かまいたちの夜以来のサウンドノベルだが、これも雰囲気がなかなか良いね
  • ハラハラ、ドキドキする演出が多くて緊張感がすごい
  • オカルト的な世界観なので、魔術とか儀式好きにはハマれる
  • BGMもなかなか拘っている感じがした

こういったゲームは好意的な意見は多くなりませんが、高い評価をしている人もいます。

実写ホラーということで、邦画のホラー映画をよく見る人は馴染みやすいかも?

昨今では馴染やすいジャンルでは有りませんが、好きな人にはとことんハマるタイプと言えそうです。

ホラー的な恐怖というより、ハプニング的な恐怖が好きな方にも向いていそう。

ホラー好きでもオカルトや魔術などに興味があれば、もっと高い評価になるのかも知れません。

駄作だと思った方の評価・感想など

  • 謎解きがワンパターンで簡単すぎる
  • バッドエンド以外は特に怖くないかな
  • テンポの悪い謎解き映画を見ている気分
  • 役者の頑張りは伝わるが、演出が全てを台無しにしている感
  • 最初は怖いが、慣れてくるとゲームの粗さが目立つ
  • 説明がくどすぎるノベルゲームって感じ
  • 現実なのかファンタジーなのか中途半端
  • Amazonで2.5以下は流石に酷い(笑)

なんとなく予想通りですが、批判的な意見の方が目立つ結果になっています(^-^;

特に、役者の使い方に関しては勿体ないなと。

「シナリオ、演出、システム」が役者の頑張りを無駄にしているって感じですね。

『制作費のほとんどが役者のギャラで消えたんじゃ?』という方もいる程です(笑)

既に売却した方も多いようで、これから買う方は値下がりを待った方が良いでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

総評

クローズドナイトメアは、ホラー好きでも否定意見が多いという結果になりました。

ここ数年の日本一ソフトウェアは、余り印象が良く無いですよね(^-^;

良い点が全くないという訳でも無いので、直ぐ売る覚悟で買うのもいいのかも?

【ザンキゼロ】クリア後の評価・感想・レビューなど!

【オクトパストラベラー】クリア後の評価・感想・レビュー

広告