【オクトパストラベラー】クリア後の評価・感想・レビューなど!『良い部分も悪い部分も』

今回は、オクトパストラベラーのストーリークリア後の「評価・感想・レビュー」をまとめています。

それでは、ご覧くださいませ!

ストーリー

今作では、8人の主人公のストーリーを楽しむことが可能です。

サガの様に独立している訳でなく、1つのデータで8人のストーリーの完走が出来ます。

キャラによって様々なストーリーが展開されたものの、キャラによって全然出来が違ったりしました。

ポッと出のキャラがいきなりラスボスになったり、終わり方がスッキリしないストーリーが結構あります。

最大の難点は、戦闘以外で仲間の必要性を感じなかったところですね。

パーティチャットで少し会話するくらいで、ストーリー内では何も絡みが無いのはどうかと思いました。

これなら、サガの様に独立したストーリーの方が良かったのでは?

それか、ドラクエ4のように、それぞれの問題を解決した後で出会うみたいな感じですね。

8人共通の目的を次回作で入れて欲しいです(クリア後では無く)

システム

今作はキャラごとに職業があり、それぞれで出来ることが違ったのは面白かったですね。

バトルジョブで誰にでもどの職業を付けられますが、それはあくまでもアビリティを増やすだけですから。

サイラスでしか「盗む」が出来なかったり、トレサでしか「買い取る」が出来なかったりと。

プリムロゼは「誘惑」でNPCを仲間にしたり、オルベリクはNPCと戦闘が出来たりと個性的でした。

戦闘においては、敵の弱点を突いてブレイクし、大ダメージを与えるというシンプルなもの。

単純すぎるかなと思いつつも、色んな職業や武器に活躍のスポットが当たるのは良い部分だなと。

誰でも強くなれますし、『弱いキャラがいない』のはキャラ愛重視の方には嬉しいでしょうね。

後半になるとダメージ「9999」超えの奥義も使えますし、より戦闘が楽しくなりますよ。

 

 

グラフィック

今作のグラフィックは、今までにない「HD-2Ⅾ」と呼ばれる表現方法です。

これは「ドット絵+3DCG」の融合で、懐かしさと新しさを同時に表現しているグラフィックと言えます。

「川の透明度、煌びやかな砂浜」などの自然美は素晴らしいの一言でした。

強いて欠点を上げるなら、町の質感がちょっと物足りないかなと。

これはドット絵なので仕方ないのですが、もうちょっとごつさというか、建物らしさが欲しかったです。

次回作が出たら、更によくなる気配がしますね!

音楽

音楽に関しては、全体的に素晴らしかったですね。

フィールドや町の雰囲気に合っていますし、特に戦闘BGMは気分を昂らせてくれます。

章ごとに戦闘BGMが変わるのも、進んでいる感が出るので良い。

強いて欠点を上げるなら、ボス戦に専用BGMをもっと用意して欲しかったという点です。

「○○のボスのBGM良かった」という声は少ないですし、次回作ではもっと拘って欲しい。

ゲームプレイの快適度

全体的にゲームプレイは快適に進めましたね!

次の目的地と推奨Lvが常にマップに表示されているので、まず迷う事は無いですから。

「今日はここまでプレイしよう」と計画を立てれば、大体がその通りに行けます。

無理して推奨Lvの高いダンジョンにいき、最強格の装備を取ってくるなど、プレイヤーによっていくつもの進め方があるのは面白さですよね。

全てのマップを歩きだけで行けるというのも、冒険感があって良かったなと感じました。

 

 

総合評価

ストーリー70点
システム85点
グラフィック90点
音楽95点
ゲームプレイの快適度90点

総合評価を見て分かる通り、ストーリー以外は満足出来ました。

ストーリーもクリア後要素を最後までやれば、結構良くなるという評判ですけどね。

ゲームショップで絶賛売り切れ中になる程の人気ですし、まさに大人がハマりやすいRPGと言えます!

気になった方は、是非ともプレイして見て下さい。

【OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)】最新攻略 完全まとめ