【アサシンクリードオデッセイ】後半以降におすすめのアサシンアビリティを解説!


スポンサードリンク

今回は、アサシンクリードオデッセイの「後半以降におすすめのアサシンアビリティ」を解説しています。

それでは、ご覧くださいませ!

後半はウォリアーorアサシンに特化する

後半以降の戦いでは、格上との戦闘が連続する場合が多いです。
レベル上げをしっかりしておかないと、常に赤の敵と戦う事にもなりかねません。

そこで、ウォリアーorアサシンのどちらかに特化することで、格上との戦闘に対応できるようにします。
ハンターにも強いアビリティは有りますが、その他のアビリティ強化にポイントを使った方が戦いは楽になります。

アビリティポイントはリセットが可能なので、シチュエーションに応じて振り直すのもおすすめします。

今回はアサシンアビリティのおすすめを解説するので、それぞれ使って見て、組み合わせを決めてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

おすすめアビリティ

毒性攻撃

こちらはアサシンのアビリティですが、ウォリアーアビリティと一緒に使った方が良いですね。
序盤から終盤まで、ずっと役に立つアビリティです。

自身の武器に毒属性を付与し、一定量で相手を毒状態にして、持続ダメージと守備力低下の効果を与えます。

毒の支配者の習得と、コスモスの目の「蛇装備」を活用すれば、毒の効果はより強まりますね。

火炎攻撃も悪く無いですが、強敵ほどに毒が有効です。
毒を素早く付与するために、双剣をメインに使うと良いでしょう。

シャドーアサシン

「アサシンダメ上昇、自動探り、暗殺成功でアドレナリン+1」の効果を持ちます。

次のアビリティをすぐに撃つためにも、優先的に強化推奨です。

ステルスマスター

「暗殺や移動音の減少、かがんだ時の敵感知範囲が減少、夜の間アサシンダメ上昇」の効果を持ちます。

瞑想で時間を夜にし、アサシン活動をしやすくしましょう。

英雄の一撃

敵にバレている状態でもアサシンダメージを与えられるアビリティ。

敵の盾を無効化した上で大きなダメージが入るので、バレてしまったときにも便利。
征服戦争などの正面からの戦いでも使い勝手は良い。

敵を暗殺しきれなかった時にも使って見よう。

ラッシュアサシン

離れた敵の所まで瞬間移動し、アサシンダメージを与えることができます。

強化することで、周囲の敵に最大3回までチェーンすることが可能です。
雑魚が複数固まっている場合は、一気に片付けることもできます。

クリティカルアサシン

暗殺の際に「△」を長押しすることで、最大300%のアサシンダメージを与えることが可能です。
自分と同程度のレベルの相手なら、一撃で暗殺できる可能性も高いです。

通常の暗殺とは違って、アドレナリンを1消費するので、一撃で倒せなさそうな相手にクリティカルアサシンを使ってください。

ニュクスの影

効果時間内は「透明になって敵に見つからなくなる」というアビリティです。

強化すれば移動も可能になるので、暗殺には最強の能力と言えるかも知れません。
ただ、使用している間はアドレナリンを消費するので注意です。

まとめ

特にラッシュアサシンは、野営地や拠点での活躍が光るアビリティです。

槍の強化を素早く行い、ラッシュアサシンを最大まで強化しておきましょう。

最も使うタイミングが多いのは毒なので、強い双剣や、毒強化の彫刻なども準備して下さいね。

闘技場の場所・特徴・報酬

攻略ページはこちらから