【アサシンクリードオデッセイ】後半以降におすすめのウォリアーアビリティを解説!

今回は、アサシンクリードオデッセイの「後半以降におすすめのウォリアーアビリティ」を解説しています。

それでは、ご覧くださいませ!

ハンターアビリティ以外を特化する

後半以降の戦いでは、ウォリアーorアサシンのどちらかに特化した方が良いです。

アビリティポイントは墓所で増やすことも出来ますが、可能な限りはアビリティの強化に使うべきです。

無駄にハンターアビリティを覚えてしまうと、アビリティ強化が十分に出来なくなりますからね。
ハンターにも強いアビリティはあるものの、ウォリアーやアサシンのように必須スキルはありません。アビリティの種類を無駄に増やしても、使わないまま終わるのも多いですから。

アビリティポイントはリセットが可能なので、必要なアビリティだけにポイントを使ってください。

今回はウォリアーアビリティのおすすめを解説するので、それぞれ使って見て、組み合わせを決めてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

おすすめアビリティ

○○マスター

ウェポンマスターで戦士ダメージをアップ。
ギアマスターでアーマーがアップします。

基礎ステータスを上げるアビリティなので、強化も最優先で行います。

アレスの雄たけび

アドレナリンを必要とせず、「20秒間攻撃ダメージ上昇&致命傷を受けても死なくなる」アビリティです。

特にデメリットもなく、1枠はアレスの雄叫び固定で構いません。

セカンドウィンド

本作で唯一の即時回復アビリティです。

アドレナリンさえあれば、どこでも回復できるのが強み。

シールドブレイク

アテナイ兵、スパルタ兵などの小盾を奪うアビリティ。
征服戦争時には、最も役に立つアビリティです。

吹っ飛ばし効果も有りますが、強化すると追撃しにくくなるので気を付けて下さい。

スパルタキック

高所から敵を突き落として即死や、大盾の敵の体勢を崩せます。

傭兵などを副官に勧誘する際にも有用です。

オーバーパワーアタック

アドレナリン3ゲージ消費で、敵に防御不能の連続攻撃を繰り出します。

ダメージソースとして優秀で、強敵戦には欠かせません。

火炎攻撃

武器に火炎属性を付与し、一定量で敵を炎上状態にし、持続ダメージを与えます。

毒性攻撃より持続ダメージ量は多いです。

その代わり、毒性攻撃には防御ダウンもあります。

毒性攻撃の方が使い勝手は良いものの、装備の彫刻の効果だったりで使い分けるのも良いでしょう。
弓に火属性を付けて、遠距離から砦などの物資を燃やすなどの使い方も出来ますしね。

まとめ

ウォリアーアビリティは、正面切って戦闘を行う際に役に立つものが多いです。

強敵との戦いは暗殺で終わらないことが殆どなので、ウォリアーアビリティの立ち回りも練習しておいてください。

後半以降におすすめのアサシンアビリティを解説!

攻略ページはこちらから

広告